女性特有の病気を改善したいなら|産婦人科を利用しよう

錠剤

胎児の成長に必要な成分

妊娠時には凄い勢いで細胞分裂が繰り返されます。その細胞分裂に重要な成分がビタミンB群の1つである葉酸です。葉酸が不足する事で胎児の成長を妨げてしまう可能性が高まる事が研究で判明しています。厚生労働省からも妊娠を考える女性または妊娠時には摂取が推奨されています。

鍼治療

鍼灸院の選び方とは

大阪には不妊鍼灸を扱う鍼灸院も増えてきています。不妊治療を目的としてよい鍼灸院を選ぶには、まず不妊を取り扱っている鍼灸院であること、不妊治療のみを行っているわけではないことが重要となります。身心を総合的によくしていくのが鍼灸院の目的です。

鍼灸

トータルで体をケア

不妊に効果的な治療として鍼灸院での治療が注目されてきています。鍼灸院での治療は東洋医学に基づいて行われ、即効性や強力さはないのですがじわじわと体全体をよくしてくれるという特徴があります。ストレス緩和にも効果的です。

女の人

安心してお産するために

大阪には様々な産婦人科があり、それぞれサポートの仕方や出産方法なども変わってくるので病院選びは大切です。託児サービスやストレッチ教室、また母乳外来がある所であれば、安心してお産が出来て相談もしやすくなると思います。

女性をケアする

ドクター

幅広く対応している

大阪の産婦人科は、産科と婦人科の両方を合わせた機能を持っています。産科は妊娠から出産するまでをケアしているところです。妊娠中は妊婦の健康管理や指導を行い、出産時には陣痛のチェック等をします。そして産後は授乳の介助や沐浴といった新生児のケアをするのも産科の大切な仕事です。一方婦人科は女性特有の病気について対応しています。子宮や卵巣に見られる症状や生理不順等について診察、治療していきます。そして産婦人科は両方の役割を持っていて、幅広く対応しているのが特徴です。出産に関わることはもちろん、不妊治療や女性生殖器の病気の治療も行います。中には女性のメンタルケアをしている産婦人科もあります。また妊娠をきっかけに今まで気がつかなかった女性特有の病気が発見されることがあります。そういったことに対応できるのも大阪の産婦人科の特徴です。つまり女性の心と体を守る診察や診療を行なっているのが大阪の産婦人科といえます。また必要があれば手術も行うのも大阪の産婦人科の特徴です。手術は外科の領域というのが一般的ですが、大阪の産婦人科では帝王切開や流産に関する手術、そして子宮内にできた筋腫の摘出手術なども行なっています。また女性生殖器に発見された癌の手術を行う総合病院や大学病院の産婦人科もあります。このように産婦人科は妊娠から出産、そして産後のケアを行うと同時に、女性生殖器に関わるさまざまな症状に幅広く対応しているのが特徴です。