胎児の成長に必要な成分

錠剤

厚生労働省からも推奨

厚生労働省からも妊娠中に女性の摂取を推奨しているのが葉酸です。この葉酸はなぜ妊娠中に摂るべきものと言われているのでしょうか。ほうれん草の葉から発見された葉酸の成分は、ビタミンB群の1つであり水溶性のビタミンです。細胞分裂とDNAの合成に非常に重要な役割がある事が研究で判明されています。妊娠中の胎児はもの凄い勢いで細胞分裂を繰り返します。細胞分裂の鍵になる核酸やチミンの合成にも葉酸は必要です。不足する事で細胞分裂が正常に行われない可能性が高まり、先天性奇形の可能性にも繋がると言われています。だからこそ不足しない様に厚生労働省から推奨されているのです。葉酸は字の通り野菜の葉っぱに含まれています。単独で働くわけではなくビタミンCやビタミンB6,B12と相互作用します。もちろん間接的に他のビタミンやミネラルも必要なので、要は葉酸ばかりでなくバランスよく摂取する必要があるというわけです。ただ妊娠初期には多くの葉酸が消費されるので、多く摂っておく事が推奨されています。実は妊娠が発覚してからでは遅いという声もあります。妊娠を考える女性は可能性を考え日頃から摂取する必要があると言われています。妊娠に関わる事以外でも日常的に摂取する事で貧血予防や子宮頸がん予防にも効果があります。葉酸は日本人の食事では不足しにくいと言われていました。しかし食生活の欧米化により不足が懸念されるようになりました。その為、国から推奨されるように至ったのです。